痛みを学び、自立をめざす

メールマガジン登録はこちら

みなさんが患者さんなら、どちらの先生により心を開くでしょう?

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

前回、ご紹介した「ドクターズルール」。

→「ガイドライン」「エビデンスレベル」「ランダム化比較試験」この用語の意味がわかりますか?

これは、米国のあるドクターが、医療に携わる医者として心得るべき425項目の基準や格言を集めたものです。

その中のひとつに書かれていること。

「患者に話すのではない。患者と話すのだ」

ふむふむ。

 

みなさんが患者さんなら、どちらの先生により心を開くでしょう?

「患者に」というのは、医師から患者への一方通行。

「患者と」だと、共に、一緒に、となりますね。

これは他のことでも同じ。

「子どもに」ではなく「子どもと」

「部下に」ではなく「部下と」

「生徒に」ではなく「生徒と」

実際のところ第3者として話を聞いていると、「患者に」も「患者と」も大して違わないかもしれません。

だけど、伝わるものは違うでしょうね。

 

患者さん役をやってみる

みなさんが患者さんなら、どちらの先生により心を開くでしょう?

実際にロールプレイで「患者さん役」をやってみるとその違いが分かります。

コミュニケーションは、「言語」と「非言語」両方から成り立っています。

(余談ですが、私の卒論のテーマは、『ノンバーバルコミュニケーションにおけるまなざしの役割』でした)

【対話の学校】でそれを実感してみてください。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 痛みを学び、自立をめざす【腰痛学校】 , 2018 All Rights Reserved.