~コミュニケーションが健康を創る~

メールマガジンの登録はこちら

はじめての方へ

◆ごあいさつ

こんにちは、伊藤かよこです。

私は、20代前半で「腰椎椎間板ヘルニア」の診断を受け、病院や治療院を転々とし、3度の入院と手術を経験しました。2年間、なにをやっても痛みが改善しなかったのですが、そんな私が腰痛から回復するきっかけになったのは「自分との対話」でした。

その後、鍼灸師となった私は、患者さんとの対話をベースにした「NBM(物語と対話による医療)」を行う鍼灸カウンセリング治療院を開業しました。私は大学生の頃から、心理学やカウンセリングが好きで、身体よりも心からのアプローチに興味があったからです。

その鍼灸院では、「話をするだけで何十年来の腰痛が改善し、再発もなくなる」という経験を何度もしました。「話すだけ」なんて、なんだか怪しいと思われるかもしれません。しかし、患者さんの認知に働きかけ、症状への見方を変えることで、痛みが改善することは、「脳生理学」の観点からも不思議なことではありません。

腰痛患者としての体験と、その後の少し不思議な治療者としての体験を、ひとつの物語にしたのが、『人生を変える幸せの腰痛学校』(プレジデント社)です。

出版後は、「腰痛学校読書会」という名前で、本の中で行っているグループ療法をはじめました。そこで私が感じることは、患者さんはもう少し自分の本音に気がついて、自分や自分のカラダとの対話ができるといいのになあということです。

また、治療家の先生からは患者さんとの「コミュニケーション」や「カウンセリングスキル」を教えてほしいとの声があり、「痛みの学校」「対話の学校」などの講師をさせていただきました。

そこで感じることもまた、治療者はまず治療者自身も「自分との対話」ができた方がいいということです。

そのような経験からすべての人が「対話」を学べる場をつくろうと思いました。それが「たいけんラボ」の設立趣旨です。

「対話」や「コミュニケーション」の練習は、仕事だけにかぎらず、健康や幸福など、人生全体をよくすることにきっと役に立ちます。お気軽に参加してください。

 

◆「たいけんラボ」の講座は3つにわかれています

①たいけん講座<a基礎><b応用>

②たいけんゼミ

③グループ療法

 

①-a たいけん講座<基礎>

内容

  • 認知のしくみ
  • それぞれの世界観
  • 私の物語を知る
  • カラダとの対話
  • 他者の物語を深く聴く

 

①-b たいけん講座<応用>

内容

  • NBMとEBM
  • プラシーボとノーシーボ
  • 非言語の影響力
  • 相手の物語に寄りそう
  • 新しい物語の構築

 

対象

「対話」と「健康」に興味がある方ならどなたでも。

特に、NBMに興味がある医療関係者、介護・福祉関係、各種セラピストなど援助職の方や自分との対話ができるようになりたい方におすすめします。

 

時間・参加費

「基礎」全6時間 18000円 (たいけんコミュ 15000円)

「応用」全6時間 24000円 (たいけんコミュ 21000円)

 

②たいけんゼミ

内容

話を聴く、話を要約する、質問する、自己開示する、観察するなど、「たいけん講座」の「実技部分のみ」を取り出した内容です。

2人組、3人組、4人組になり、相手やペアを変えて、対話の練習をします。

 

対象

「対話」や「コミュニケーション」に興味のある方ならどなたでも。

特に、「たいけん講座」を受講される前、または「基礎」から「応用」に進まれる前にも、何度か参加されることをおすすめします。

 

時間・参加費

1回3時間 5000円 (たいけんコミュ 3000円)

 

③グループ療法

内容

「腰痛学校」の中で行っているグループ療法を再現します。

参加者の物語を聴き、それぞれが自己開示する対話実践の場です。

 

対象

『人生を変える幸せの腰痛学校』(プレジデント社)読者の方

腰痛の方はもちろん何かしらの体調不良を抱える方や、医療関係者の方もぜひ。

 

時間・参加費

1回 3時間 1000円 

 

◆「たいけんコミュ」とは

「たいけんラボ」の中にあるコミュニティです。

過去に、【対話の学校】「腰痛学校コミュニケーション講座」「腰痛学校読書会」に参加くださった方は、コミュニティのメンバーになることができます。

 

Copyright© たいけんラボ【対話×健康ラボ】 , 2018 All Rights Reserved.