痛みを学び、自立をめざす

【腰痛学校】メールマガジン

新しい一歩をストレスにしないために必要なこと。

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

みなさん、こんにちは。奥野ゆうです。

桜が満開になり、すっかり春めいてきましたね。(気温は低い日が続いていますが…)

電車内には新社会人らしきスーツ姿がみられます。

初々しくて良いですね〜。僕にもあんな時代があったはずなんですけどね〜(笑)

春になると、新生活の始まりに合わせて世間は何か新しいことを始めよう!挑戦しよう!というムードになります。煽られまくります。

そんなムードに素直に乗っかって、僕は英語の勉強を始めてみました。桐谷美玲ちゃんがCMしてるアレです。

みなさんは、なにか新しいことを始めてみましたか?

運動でも英語でも新しいことを始めるときに邪魔をするものは?

新しいことを始めようとするときに、なかなか一歩が踏み出せないときもあると思います。

そんな時に聞こえる自分の声は、

「どうせ続かないからムダだよ」

だったり、

「失敗したくないからやめとこう」

だったりしませんか?

ハッキリ言いましょう。

そんな声は無視です。

続かない?

続かなくてもいいじゃないですか。

少しでもやってみれば0ではないのです。その分の経験が蓄積されます。ブラボー。

失敗?そんなものはありません。

そもそも、新しいことに「チャレンジ」や「挑戦」ととらえるから大げさになるのです。その結果は成功か失敗か。というような。

「チャレンジ」という言い方はやめて、「お試し」もしくは「実験」と言うのはどうでしょうか?

お試しならいつやめてもいいし、実験は上手くいかないのが当たり前です。

新しい一歩を重苦しいものにせず、軽やかに踏み出してみましょう!

僕の英語の勉強実験はどうなるか?

楽しみです!

お読みいただき、ありがとうございました!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 【腰痛学校】 , 2019 All Rights Reserved.