カラダの不調をココロとの対話で改善

週1でお届け!たいけんラボ「メールマガジン登録」はこちら

川崎フロンターレの試合を観戦して気づいた大切なこと

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

みなさん、こんにちは。奥野ゆうです。

いきなりですが、Jリーグに興味はありますでしょうか?

知らないって方はまさかいないですよね?

と言いたいところですが、知らない方も結構いらっしゃると思います。

人間興味がないことについてはホントに情報が入ってきません。例えば、僕の場合はBリーグ(バスケットボールのプロリーグ)のチーム名やチーム数などほとんどわかりませんし、AKBや乃木坂などのアイドルのメンバーの名前もちんぷんかんぷんです。ジャニーズは嵐が限界です(笑)

一応、簡単に説明するとJリーグはプロサッカーリーグの名称で、J1、J2、J3のカテゴリーに分かれていて一番上のカテゴリーであるJ1は18チームで構成されています。

僕が応援している「川崎フロンターレ」は一昨年、昨年と二連覇しているチームなのです!

それまでは惜しいところまでいっても優勝することが出来ず、「シルバーコレクター」や「無冠ターレ」などど揶揄されたものです。( ノД`)シクシク…

しかし、二連覇したことでそんな汚名も返上し、今年は三連覇に挑んでいるシーズンとなります。

今日は、そんな僕が応援している川崎フロンターレと横浜マリノスの試合を観戦しに行ってきました。

観戦後に僕がつぶやいたのはこちら、

最後の最後、ロスタイムにCKから追いつかれて2-2。

後味悪いなー。同じ引き分けなのに追いついた方は勝ったように喜んで追いつかれた方は負けた気分…。

でも流れから点取れたし、切り替えて次だ次!

そうなのです。2-1でリードしていたのですが、最後の最後に相手にゴールを決められて引き分けになってしまいました。

一つの事実も立場や心の持ち方で変わる

双方とも勝ちを目指して試合をしていますが、

負け試合を覚悟していた横浜マリノス側は、同点に追いついたことで勝ったような大騒ぎ。

勝ち試合を逃した川崎フロンターレ側は、同点に追いつかれたことで負けたように意気消沈。

事実としてあるのは、2-2という試合結果。

立場が違うとこうも感じ方、とらえ方が変わるんですね。面白いです。

試合直後は僕も意気消沈していましたが徐々に冷静になり、さきほど書いたように良い点を見つけて前向きな気分になることに成功しました。

自分の機嫌は自分でとるものだ。と誰かの言葉にあったような気がしますが、ホントにそうだなと思います。

一つのものごとに対してどの角度からどのように見てとらえるか。その工夫次第で自分の気分を変化させることが出来ます。いろいろ試してみると楽しいですので、ぜひおためしを。

あ~、でも悔しいなぁ~~~~~!(笑)

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 対話×健康 たいけんラボ , 2019 All Rights Reserved.