痛みを学び、自立をめざす

メールマガジン登録はこちら

自分で作った鎖で自分を縛りつけていませんか?

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

みなさん、こんにちは。奥野ゆうです。

いきなりですが質問です。

あなたの最適睡眠時間はどのくらいでしょうか?

よく言われているのは、6〜8時間は寝た方が良いよ。22時〜2時までが睡眠のゴールデンタイムですよ。というものです。

これ、あなたにとってもほんとうでしょうか?

ショートスリーパーと言われる人もいるくらいだし、朝型・夜型とかそれぞれ違うんじゃないの?

そんな疑問をもった僕は、自分自身で試してみました。

布団に入る時間と起きる時間、睡眠時間を変化させて、目覚めの良さ、体調、意欲を確認した結果、僕の場合は、

・22〜23時の間に布団に入る。

・5〜6時に起きる。

つまり、睡眠時間は7時間。いわゆるゴールデンタイムをしっかりおさえる。

というリズムが一番気持ち良く一日を過ごせることがわかりました。(思いっきりバイアスかかってない?という意見は聞きません。笑)

気持ち良く目覚めて、体力的にも精神的にも余裕をもって過ごせる答えを見つけて、僕はご満悦でした。

しかし、ここから落とし穴にハマってしまうのです。

「〜しよう」が「〜ねばならない」になると苦しい

睡眠時間は7時間という最適解を発見した僕はそのリズムを守り、ご機嫌に過ごしていました。

しかし、人間一人で生きているわけではありません。また、いろいろな誘惑もあります。当然、そのリズムが守れない日も出てきます。そんな日に僕が感じるようになったのが、なんと「罪悪感」と「自責の念」でした。

22〜23時の間に布団に入れなければ「あ〜あ、やっちゃったな。」と罪悪感を覚え、睡眠時間が7時間確保出来なかったら「よく眠れなかったな」という後悔と共に布団から出る。という感じ。そして、守れなかった自分を責めます。ヤバいです。笑。

いつのまにか「〜しよう」が「〜ねばならない」「〜すべき」になり、そうしなければダメだと自分を「思い込みという鎖」で縛って、ことある毎にギュウギュウと締め上げ、ムチ打っていたのです。どんなプレイだよっ!

今回、自分でこの事に気づけたのはラッキーでした。俺、素晴らしい!

しかし、一度身につけた鎖はなかなかほどけず、22時近くになるとチラリと時計を気にする自分がいます。笑

まぁ、じょじょに変わっていくでしょうと気楽に構えていきます。じゃないとまた新しい鎖を作ることになりかねませんから。

僕の睡眠を例に挙げましたが、みなさん自身はどうですか?

自分に絡みついている鎖はありませんか?

まぁ、気づいてもその鎖をどうするかは、あなた次第です。(やりすぎ都市伝説風に決まった。)

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 痛みを学び、自立をめざす【腰痛学校】 , 2019 All Rights Reserved.