痛みを学び、自立をめざす

メールマガジン登録はこちら

治療家の考えてること、知る機会があります

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

みなさん、こんにちは。

奥野ゆうです。

 

先月の腰痛学校の中で、「からだのギモン」講座を開催しました。

参加者の中で協力してくださったお一人の方の症状と治療法について、伊藤さんと僕の二人で検討する。という内容でした。(ちなみに伊藤さんは鍼灸師。僕はあん摩マッサージ指圧師という国家資格を持っています。)

専門的な用語が出てきたときは皆さんに説明するように心がけ、質問も受け付けながら進めていきました。

 

僕自身はとても楽しかったのですが、一般の参加者の方たちがどう感じているか疑問でした。

しかし、終了後に感想を聞いてみると「面白かった」「楽しかった」との声が。

 

僕たち治療家は、患者さんから話を聞いたり身体に触れたりしながら、様々な可能性を思い浮かべて取捨選択していきます。

普段は頭の中のプロセスの全てを患者さんに説明することはないので、(説明するのは最後に残った選択肢の道筋くらい)新鮮で面白かったのかもしれません。

 

もちろん僕らは医師ではないので診断は出来ませんが、医師以外の代替療法にかかっている方は沢山いると思います。

代替療法の治療家がどんなことを考えて施術にのぞんでいるのか。

知っておくときっと役立つと思いますよ。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 痛みを学び、自立をめざす【腰痛学校】 , 2019 All Rights Reserved.